院長紹介

新浦安ブライト歯科 院長紹介

新浦安インプラント歯科

新浦安ブライト歯科併設
インプラント専門センター 院長

久後 佑介(くご ゆうすけ)

日本大学 歯学部 歯学科卒業と同時に歯科医師免許取得後、同大学病院 歯周病科に入職し、インプラント歯周炎や歯周外科手術など様々な難症例を治療する経験を積み、日本の数ある学会の中でも権威のある「日本歯周病学会」認定医となる。
さらに、ドイツ歯科大への留学経験や、インディアナ大学インプラント学フェロー資格の取得なども経て、今までの専門的な知識と治療技術と経験を活かして、浦安の皆様の口腔の健康に貢献したいと思い、2015年新浦安ブライト歯科を開院。
 
インプラントの専門的知識や技術だけでなく、日本人の8割以上が患っている歯周病の専門ドクターとして幅広く最先端の治療も提供出来ることに定評がある。

専門資格・所属学会など

  • 日本歯周病学会 認定医
  • インビザライン矯正 認定医
  • 米インディアナ大学歯学部インプラント学フェロー
  • 米インディアナ大学歯学部ホワイトニング学フェロー
  • 明海小学校 校医
  • 東京医科歯科大学卒後研修矯正咬合論 修了
  • 米インディアナ大学歯学部歯周学インプラント科  特別講演 受講
  • 京セラ インプラントPremier Master修了
  • 「臨床歯周病学とインプラント学のコース」ハイデルベルグ大学(ドイツ)Clinical Periodontology and Implantology corse at the university of Heiderberg in Germany 修了
  • 白石和仁 歯周外科テクニックBasic 修了
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定コース修了
  • 日本歯周病学会所属
  • 日本口腔インプラント学会所属
  • インプラント再建歯学研究会所属
  • 日本歯科放射線学会所属
  • 日本審美歯科学会所属

 

 
浦安市、新浦安のインプラント治療ならブライト歯科

院長コメント

インプラント治療は専門性が高く、単に歯科医師免許を保有していれば容易にできる治療ではありません。患者様の骨の状態や歯の数などは個人によって異なるので、様々な症例に対応できるように広く、深く歯科分野に精通し、豊富な経験を積んでいる必要があります。
 
さらに、骨や歯周組織の中の状態を三次元的にしっかりと把握し、分析、治療計画を立てる必要があるために、デジタルCTレントゲンやインプランターといわれる最新の歯科医療機器は欠かせません。
 
そして、患者様が苦痛を感じずに快適に治療を受けて頂けるよう、静脈内麻酔を併用したり電気メスや電動麻酔など様々な周辺設備があることも大切です。
 
当院では、患者様に安心してインプラントを受けて頂けるよう、常に最新の知識・技術・設備をご用意してお待ちしております。
心配な事や不安な事はお気軽にご相談下さい。

(c) 2017 インプラント専門センター