インプラントに必須のCT撮影

最新CT機器がある新浦安インプラント歯科センター

顎の内部の血管や神経を傷つけないためのCT撮影

インプラント治療はどんな歯科医院で受けても同じではありません。

やはり外科処置で、骨の中の大切な神経や血管の近辺を触るので、安全な治療を実現するためには最新の高度な医療機器が必要になります。
中でも重要視すべき設備は、何よりもCT撮影のための3DデジタルX線断層撮影装置です。

最新のCT機器がある新浦安インプラントセンター

たとえば、人の下顎の内部には下顎管とよばれる管が通っています。顎の両サイドに左右対称に通っているこの管の中には神経や動脈や静脈が通っています。
この管を万一誤って傷つけたらどうなるのでしょう?
…麻痺を残してしまったり、大出血をしたりしてしまいます。
もちろん、歯科医師はこの管を傷つけないように慎重に手術を行います。

この下顎管を確実に避けるためには、CT撮影で撮影し、その走行や位置を確認するしかありません。
一般的にどの歯科医院でもあるパノラマレントゲン(水平に2次元で顎全体が撮れるX線)では全く正確には分かりません。

歯科医師も、抜歯などもある程度は行う臨床医であれば、CT撮影をしなくても下顎管の位置はおおよそ見当がつく場合もあります。
ただ、それだとインプラントを埋め込む際に、下顎管を傷つけることを恐れるあまり、安全策を優先して、しっかりと深い位置にインプラントを埋め込むことが出来なくて、外れやすくなってしまうこともあります。

CT撮影で正確に患者様ごとに下顎管の位置を確認すれば、下顎管を確実に避けつつ、インプラントを最適最良の位置と深さで埋め込むことが出来のです。

ですから、インプラント治療を受ける際は、必ずその歯科医院に「最新のデジタルCT撮影機器」があることを確認して下さい。

もちろん、新浦安ブライト歯科併設「新浦安インプラントセンター」には標準で最新のCT機器を設置しております。いつでも撮影する事は可能ですので、お気軽にご予約下さいね。