インプラントは骨としっかりくっ付く!

新浦安のインプラント治療を受けるならブライト歯科

インプラントって異物を入れるってことだから、良くないんじゃない?

って、思いますよね?
よく、そのようなお声を頂きます。

そもそも、以前お話ししたように、構造を誤解しており、
インプラントを歯茎にネジを埋め込むだけの治療と思っている方が今でもおられて、上記のように思われている場合があります。

確かに、インプラントにネジのような形のものはありますが、ただ、ネジを歯茎に埋めるものではありません。
天然の歯の場合、歯根がしっかりと歯槽骨に固定されています。同様に、インプラントの場合もインプラントたいと言われる金属製の人工歯根部分があります。

そして、この人工歯根は歯槽骨に埋め込まれると周囲の骨の細胞としっかり結合するという性質を持っているのです。

インプラントに使用する金属「チタン」ってどんなの?

骨に金属を埋めて大丈夫なの?と不安を訴える人もいます。確かに人体にとって異物でもある金属を埋め込んでも、通常なら良い結果は得られないでしょう。
しかし、インプラントに使用されているのは「チタン」という金属で、生体に親和性があり、金属アレルギーを起こすこともほとんどなく、その安全性が確認されています。
チタンは骨折治療のプレートや人工関節など、歯科以外の医療現場でも昔から広く使用されている実績があります。

この金属と骨が一体化する性質を持つことは1952年にスウェーデンのブローネマルク博士が研究中に偶然発見しました。それ以前にも、インプラントでは様々な金属が試されて研究されていましたが、結局生体親和性が高い「チタン」が最適と分かったのです。

インプラント体が歯槽骨に埋め込まれると、生体組織において拒否反応を示すことなく、時間をかけて骨としっかり結合し、人工歯を支える土台として機能するようになるのは以下のような理由からです。

インプラントなら新浦安の専門歯科がおすすめ

骨との結合がより強化

チタンが骨と結合する性質は「オッセオインテグレーション」といわれます。
現在はさらに素材の研究が進み、チタンの表面に様々な加工処理を行い、骨との結合力を強化してさらに良いものが出ています。

たとえば、歯や骨の主成分であるリン酸カルシウムの一種で、ハイドロキシアパタイト(HA)という素材を表面にコーティングしたHAインプラントは通常の治療より3~6か月ほども治癒機関が短くなり、様々な症例にも使えるようになりました。

このように、インプラントは今もさらに進化をしており、インプラント治療中も、その後も快適に過ごせて、予後の成果も良いものがどんどん出てきています。

「異物を入れるのはイヤ!」と安易に考えて、いつまでも満足に噛めない不幸せな生活を送るよりは、現代の医療の進化の恩恵を受けて、幸せな生活を送りましょう。

新浦安のインプラント治療を受けるならブライト歯科

お友達にシェアお願いします!

無料相談やオンライン予約はこちらから

当院のインプラントの種類や価格、患者様のご感想など様々な情報とともに、無料相談申込や24時間オンライン予約も!インプラントで不安な事、心配な事、聞いてみたいことなどお気軽にお問い合わせください(^^)/