インプラントと入れ歯、ブリッジの違い

浦安市、新浦安でインプラントが上手い歯医者

入れ歯やブリッジには明らかな弱点がある

歯が抜けてしまった時、保険診療も可能な入れ歯やブリッジによる治療を選ばれる人も多いのですが、これらは比較的安価で早く装着できる反面、不具合に悩む患者様の訴えもよく耳にします。

インプラントとブリッジと入れ歯の違い

実は、入れ歯やブリッジは健康な歯の寿命を短くしてしまうことがあるのです。例えば、1本の歯を失った方がブリッジにするには、まず失った歯の両隣にある歯を削り、橋を架けるようにして3本連結した人工歯を装着します。両端は支えにするための被せ物です。つまり、本来削る必要のない、貴重な元気な歯を削って治療する必要がでてきてしまうのです。

また、沢山の歯が抜けると「部分入れ歯」を用いることになりますが、部分入れ歯は金属のバネを周りの歯にかけて使用するので、入れ歯を支えるため健康な歯に負担がかかるほか、歯磨きが行き届きにくくなって虫歯や歯周病が広がることもあります。そのため、本来長持ちするはずの健康な残った歯まで悪くなるという、悪循環に陥りがちです。さらに、バネが歯茎にあたって痛んだり、金属のバネが外から見えてしまうと、当然見た目もよくありません。

全ての歯を失って、「総入れ歯」にした場合は歯茎の上に載せて使用するため安定感が悪く、噛む力が落ちるというデメリットがあります。

また、支える歯を失った上に、歯で押さえつけられた歯茎がだんだんと下がって入れ歯が合わなくなってきます。人間の体は骨も筋肉も使わないと次第に衰えていくようにできています。総入れ歯にすると噛む力も弱くなるので、骨や筋肉、歯茎などは瘦せていき、せっかく作った入れ歯が合わなくなってやがて、ガタついてきます。

こうして合わなくなってしまった入れ歯は、そのたびに作り直さなくてはならず、費用面でも患者様の負担になってしまいます。

インプラントは周囲の歯に負担をかけない

顎の骨に「人工歯根」を埋め込んで上に「人工歯」を付けるインプラント治療であれば、人工歯で噛む刺激をそのまま骨や筋肉、歯茎などに伝えることが出来ます。
噛む力も天然歯に近いレベルに回復できますので、しっかりと噛むことで骨や歯茎の吸収を抑えられます。つまり食事や会話を楽しんでいるうちに、自然とお口の中の健康が維持できるようになるというメリットもあるのです。

浦安市でインプラントが上手い歯医者

そして何よりも、インプラントで喜ばれるのは美しい笑顔がよみがえることですね。
入れ歯を装着していると、どうしても金具が見えてしまったり、入れ歯が外れそうになったりするので、口元が気になり、思い切り口を開けて笑ったり、おしゃべりすることができにくくなってしまう場合があります。

インプラントなら、見た目の美しさが維持でき、また入れ歯のように外れる心配はありません。
さらによく噛めるようになることで、顔の筋肉が発達して、表情にメリハリが出てきます。以前より若返ったと思われる方がとても多いのです。

インプラント治療って、実際に私にもできるの?と疑問に思った方は、24時間ウェブ予約がある新浦安ブライト歯科へお越しください。

浦安市、新浦安でインプラントが上手い歯医者

お友達にシェアお願いします!

無料相談やオンライン予約はこちらから

当院のインプラントの種類や価格、患者様のご感想など様々な情報とともに、無料相談申込や24時間オンライン予約も!インプラントで不安な事、心配な事、聞いてみたいことなどお気軽にお問い合わせください(^^)/